Jシリーズ

5Mカメラを標準搭載したJシリーズ

Gシリーズをマイナーチェンジして、5Mカメラを標準搭載としたJシリーズモデルが登場。

視野を拡張し2400×2000の広い視野範囲を確保しました。

一部のモデルで、レーザーによる高さ計測が可能となりました。



  イメージ
  ( 左:U22XJ-350L 上:M22XJ-350 下:U22XJ-350 )

特長

1   高分解能

5Mカメラの搭載により、2400×2000pixの視野面積を確保。

 

gseries_img02_1.jpg


2   レーザーによる高さ計測で部品浮きを検出
最大計測高さ:70mm / 測定精度:±50µm

コネクター浮きを検出  良品   浮き不良 
      
     
2   アングルカメラ

【立体検査と確認】
目的箇所を8方向から包み込むアングルカメラ

  • チップ部品やリードの浮き、QFJのはんだ状態をアングルカメラの画像を使用することで高精度に検出可能。
  • 一般的な90度間隔の4個ではなく、45度間隔で8個搭載し、隣接部品などの影響を受けずに最適な角度からの画像で検査が可能。
  • 検査後の拡大鏡を使用した目視確認も基板を取り出さず、そのまま確認。
  イメージ
ボタン一つで切り替え
TOPカメラ+アングルカメラ3方向
 
TOPカメラ+アングルカメラ8方向
3   Z軸機能

高さに影響されない
上下にも稼働するZ軸を備えています。

  • 背の高い部品に書かれている文字の検査は、カメラを上下させピントを正確に合わせることにより、検査が可能。
  • 段差のある基板に対しては、特殊な治具や検査を2度に分ける必要もなく、正確でスピーディな検査が可能。
  • 簡易治具における基板厚の変化にも対応。
 
電解コンデンサの文字   リレーの文字   コネクターの極性

仕様

型式 M22XJ-350H
(卓上型)
U22XJ-350
(卓上型)
U22XJ-650
(卓上型)
U22XJ-350LH
(インライン型)
U22XJ-650L
(インライン型)
外形寸法(mm) W:736
D:874
H:493
W:760
D:816
H:558
W:1087
D:1145
H:577
W:770
D:846
H:1300※3
W:1070
D:1167
H:1328※3
本体質量 65kg 80kg 150kg 180kg 240kg
検査範囲
(mm)
350 x 250 350 x 250 650 x 550 350 x 250 650 x 550
実装制限※1 上:40mm
下:70mm
上:40mm
下:30mm
カメラ 5M
レンズ テレセントリックレンズ
照明 DL照明 or ML照明
視野範囲
(mm)
36 x 30 (15µm)
アングル
カメラ※2
視野範囲:
6x6mm
分解能:
13µm
(オプション)
Z軸
ストローク
:30mm
(+28mm,
-2mm)
(オプション)
レーザー
高さ計測
Ο - - Ο -
消費電力 350W (PC含む)
電源 AC100V - 240V
繰り返し
位置精度
< ±0.03 mm < ±0.05 mm
コンベア
スピード
- 10 - 500 mm/sec
検査時間 約 0.3 sec/画面 (基板により異なる場合があります)
※1 RGB照明の場合は基板上クリアランスは30mm
※2 アングルカメラの場合は基板上クリアランスは30mm
※3
パトライトを含む場合2000mm

※上記仕様は予告なく変更する事があります。予めご了承ください。必ず購入前に確認をお願いします。

ダウンロード

ソフトウェア

オペレーションソフト、ライブラリツールなどはこちらから。

ダウンロード

 

マニュアル

製品のマニュアルデータ(PDF)はこちらから。

ダウンロード

 

製品カタログ

製品カタログデータ(PDF)はこちらから。

ダウンロード

お電話から

045-340-5566

(受付時間:9:00~17:00)

メールフォームから

お問い合わせ